基礎知識を学ぼう

基礎知識を学ぼう

住宅ローンは大きく分けて固定金利と変動金利タイプの2種類が存在します。固定金利の特徴は、その名の通り金利が固定されている点にあります。ただし、数年だけ金利が固定されるタイプもあれば、住宅ローンが完済するまで完全に金利が同額であるものもあり、支払総額はプランによって異なります。いずれの場合も、どの時期にどれだけのローンを返済すればよいか金額は明確なので、将来設計を立てやすい点に大きなメリットがあります。ただし、金利はやや高めに設定されている場合が多いので、免税や控除など、国の補助が受けられる住宅ローンをおすすめします。

金利だけを見ると、もう一つのタイプである変動型の方がお得になります。また、金利が低下すればその分だけ支払額が減るので、さらに大きなメリットを受けることになります。変動金利型の住宅ローンは、一定期間ごとに金利が変化します。サイクルは半年に一回程度ですが、返済額が実質的に見直されるのは5年毎のケースが多いようです。金利が上昇した場合は、ローンの支払いも増額されます。ただし、金利の上昇額は直近の返済額の1.25倍が上限として定められており、極端な増額は起こりません。

以上の点を踏まえると、低金利の時代には固定金利を、高金利の時代には変動金利を選ぶ方法がおすすめです。ただし、経済の情勢によっては金利が大きな影響を受けますから、景気を見通したうえでの選択が必要になります。必要であれば、金融商品に詳しい知人や、専門家のアドバイスを受けることも検討してみましょう。