支払い方法

支払い方法

固定金利の住宅ローンは、借入当初の一定期間だけ金利が固定されているタイプのものも存在します。2~3年の間は金利が一定ですが、その後は変動金利に移行するわけですね。金利が固定されている期間が長いほど、金利は高くなる傾向にあります。細かな規定については金融機関によって異なるため、事前に確認することが大切です。

ローンを完済するまで金利が固定されているタイプの住宅ローンは、「全期間固定金利」として区別される場合もあります。さらに、10年間といった期間を区切って金利を固定し、その後の10年間は異なる金額の金利に固定される2段階式の住宅ローンもあります。

また、将来金利が上昇した際、その上限額を決めるタイプの金利も存在します。この住宅ローンは「上限金利設定型」と呼ばれ、金利の上昇を見込んで利用する方が多いようです。これまでに紹介した金利タイプはそれぞれ組み合わせて利用することもできるため、景気の動向に合わせてこまめなプラン変更を行うことも可能です。住宅ローンの種類によっては、控除や減税などの補助を受けられる場合もあるため、マイホームの購入時には計画的な利用をおすすめします。

ちょっと珍しいタイプの金利としては、預金と連動するキャンペーンが知られています。これは、預金額と借入額が同額ならば金利が0になるというシステムです。つまり、預金と借入額の差額がそのまま金利になるという仕組みになっています。預金については通常通りの手続でいつでも引き出せますから、自身の経済状況に合わせた資産運用が可能です。