固定金利を選ぶ理由

固定金利を選ぶ理由

住宅ローンの固定金利、その最大の特徴は、金利が変わらない点にあります。将来的にローンの支払いが増えたら困る、そんな方は固定金利の住宅ローンを選びましょう。支払額が変わらないため、返済計画も立てやすいです。経済の動向(金利の変化)を気にする必要もありませんから、特に専門知識なども必要ありません。毎月コツコツ定額を返済したい、そんな方は固定タイプの住宅ローンを選びましょう。

ローンの支払いをしている方の中には、毎月の生活費をぎりぎりで捻出している方もいます。たとえ収入が増える見込みが無くても、固定金利であれば家計が破綻する心配はありません。一方、家計にある程度の余裕があっても、変動金利の場合は金利の上昇に伴い一気に返済が苦しくなる可能性も考えられます。安定した家計を望む方も、やはり固定タイプの金利を利用したほうが無難です。

一方、サラリーマンのご家庭にも固定タイプの金利が人気のようです。サラリーマンは将来の収入を予測しやすいですから、同じく返済額が予測しやすい固定タイプと相性が良いといわれています。50歳までに完済、55歳でリフォームを…といった具合に、その後の計画もスムーズに立案できます。

金融機関によっては、定期的にローンのキャンペーンを実施している場合があります。手数料関係がお得になるので、タイミングを見計らって少しでも安価なローンを利用しましょう。ただし、金融機関の信用度は入念にチェックしましょう。