固定金利の特徴

固定金利の特徴

住宅ローンの金利は景気に連動して変化します。景気が良くなると、一般的にローンの金利は上昇する傾向にあります。ただし、固定金利であれば景気の影響を受けることはほぼありません。ですから、将来「景気が良くなる」と考えている方は、固定金利を利用することをおすすめします。変動金利の場合、景気が良くなると金利の水準も上昇に転じる恐れがあります。逆に「景気が悪くなる」と見通している場合は、変動金利を利用したほうが良いかもしれません。また、固定金利の中にも金利や手数料の差がありますから、ローンを組む金融機関は慎重に選ばなくてはなりません。

つまり、金利が上昇しそうな兆候がある場合は、固定金利タイプの住宅ローンの方がお得だということです。金利がどれだけ上昇しても、住宅ローンの支払額が変わりませんから、換言すれば「安全性の高い」ローンだといえるでしょう。

現在、金融機関の多くは、将来の景気回復を見越して、固定タイプの金利を高めに設定しているといわれています。変動金利には逆のことが言えますから、それぞれのメリットとデメリットを勘案して、自身の資産計画に最適と思われるローンを選択しましょう。

とはいえ、素人の判断では金利と経済の連動を予測するのは困難です。必要であれば専門のプランナーからアドバイスを受けるようにしてください。マイホームは一生のうちで最大の買い物になります。くれぐれも慎重な姿勢で計画を立てましょう。