便利屋を利用した感想

便利屋を利用した感想

一人暮らしで住んでいた母が亡くなり、借家だったのですぐに物をどかさなくてはならなくなりました。
ひたすら捨てる、という作業を続けていたもののキリがありません。
割と几帳面な母でしたが やはり押入れには死蔵品の山がありました。出るわ 出るわ食器類やタオルなど もらいもののオンパレードです。洗剤なんかもしまいこんだままになっており あけてみると岩のように固まって、スプーンが入らないほどです。
それでも せっせと作業していきましたが、限界があります。古い大きなタンスやら キャビネット、食器棚、ダイニングテーブルなどです。
便利屋さんには これら大物の処分を手伝ってもらいました。二人きてもらい、5万円支払いました。