固定金利の注意点

固定金利の注意点

住宅を購入する際には、住宅ローンを利用する方も多いようです。住宅ローンの契約を行うためには、様々な書類を用意しなくてはなりません。また、複数の金融機関にローンを申し込む場合は、同じ書類が複数必要になります。手続きか済んだら、融資の可否はもちろん、資金の交付日なども忘れずに確認しましょう。

必要な書類の一例としては、住民税課税証明書、特別徴収税額の通知書、納税証明書、住民税課税証明書などが挙げられます。それぞれ市役所、勤務先、税務署で手に入ります。申請から入手までに時間を要する場合もあるので、手続は早めに済ませておきましょう。本人証明を行う書類としては、健康保険証、免許証、パスポートなどが有効です。

住宅ローンには固定金利と変動金利という種類が存在します。それぞれに長所と短所がありますから、自身の資金計画に合わせて、最適と思われる金利体系を選びましょう。どちらかといえば固定金利を選ぶ方が多いようですが、必ずしも固定金利の方が良い、というわけではないようです。

通常の住宅ローンの場合、金利とは別に、住宅ローン残高の0.2パーセント程度の保証料を支払わなくてはなりません。ただし、保証料を無料としてるローンもありますから、それらのローンを優先的に選ぶことをおすすめします。固定金利のネックとなる「繰上返済手数料」なども、金融機関によっては無料のケースがあります。こうしたポイントは事前にチェックして、計画的なローンの支払手段を選びましょう。