住宅ローンの固定金利比較

固定金利のおすすめポイント

おすすめ住宅ローンはマイホーム購入の際に非常に便利な金融システムです。ただし、仕組みを理解したうえで利用しないと、支払う必要の無い手数料や金利が生じるケースもあります。特に長期の住宅ローンは家計に大きな影響を与えますから、固定金利、変動金利に関係なく、計画的な運用が求められます。

返済計画を立てる際は、1年単位で支払を考えましょう。10年とか20年の単位で計画を立てると、計画の変更が困難になります。住宅ローンは1年でも短い方が金利を節約できますから、お金に余裕があるうちに一気に支払ってしまった方がお得です。

マイホームの購入にあたっては、親からの資金援助を受ける方も多いと思います。「相続時精算課税制度」という制度を利用すれば、贈与税の控除を受けられるので覚えておきましょう。3500万円まで非課税枠が存在します。

ローンに加入する場合は、できるだけローン保証料の支払いも行い、また「団体信用生命保険」といった保険にも加入しておきましょう。保証料は、ローンの支払が滞った場合に備えて支払うものです。保険料は、返済している当人が死亡した場合など、保険金でローン残高を完済できる保険制度です。加えて、各種の災害に備えた保険の利用もおすすめします。

頭金としては、最低でも総費用の20~30パーセントは用意するようにしてください。元本が少なければ少ないほど金利・手数料が減額されますから、初期費用は多ければ多いほどお得になります。変動金利を利用するか、固定金利を利用するかは、経済情勢や景気の動向を見て判断するようにしてください。

固定金利の支払いについて

固定金利の住宅ローンは、借入当初の一定期間だけ金利が固定されているタイプのものも存在します。2~3年の間は金利が一定ですが、その後は変動金利に移行するわけですね。金利が固定されている期間が長いほど、金利は高くなる傾向にあります。細かな規定については金融機関によって異なるため、事前に確認することが大切です。

ローンを完済するまで金利が固定されているタイプの住宅ローンは、「全期間固定金利」として区別される場合もあります。さらに、10年間といった期間を区切って金利を固定し、その後の10年間は異なる金額の金利に固定される2段階式の住宅ローンもあります。

また、将来金利が上昇した際、その上限額を決めるタイプの金利も存在します。この住宅ローンは「上限金利設定型」と呼ばれ、金利の上昇を見込んで利用する方が多いようです。これまでに紹介した金利タイプはそれぞれ組み合わせて利用することもできるため、景気の動向に合わせてこまめなプラン変更を行うことも可能です。住宅ローンの種類によっては、控除や減税などの補助を受けられる場合もあるため、マイホームの購入時には計画的な利用をおすすめします。

ちょっと珍しいタイプの金利としては、預金と連動するキャンペーンが知られています。これは、預金額と借入額が同額ならば金利が0になるというシステムです。つまり、預金と借入額の差額がそのまま金利になるという仕組みになっています。預金については通常通りの手続でいつでも引き出せますから、自身の経済状況に合わせた資産運用が可能です。

注目の記事一覧

荷造りをする時について
"引越しをする時に、もし一人で引越しをする状況だったとしたら。 まずは「引越しの...

家好きの私
私は家が大好きで、常にどうすれば快適な空間が作れるのかと考えております。特にこだ...

明るくて遊べる子供部屋
"こども部屋は、明るく機能的に作るというのが私の考えです。賃貸物件ですので釘を打...